シミやシワを気にする女性

シミやニキビも解消!血流を改善すれば肌トラブルも改善される!

「きちんと洗顔してるのに、ニキビができやすい」
「高い美容液を使っているのに、効果が感じられない」
こんな人は、実は血流に問題があるのかもしれません。
血流が悪いと、様々な体調不良や肌トラブルを引き起こすのです。
そこで、今回は血流と肌トラブルの関係についてご紹介します。
また、すぐにやめたい血流を悪化させる習慣もお伝えしますので、是非チェックしてください!

スポンサードリンク


血流が良くなると、肌トラブルが改善される!

肌トラブルに悩む女性

同じ環境でも、肌トラブルを起こしやすい人と、肌トラブルが起きにくい人がいます。
この違いは何でしょうか?

実は、多くの肌トラブルの予防や改善には、血流が大きく関係しています。
血流が悪いと肌トラブルが起きやすいのです。
逆に血流が良いと、肌トラブルは起きにくくなります。

血流が良くなることで、次にあげる肌トラブルを防ぐことができます。


シミやそばかすを改善

紫外線を長時間浴びると、メラニンが過剰に生成されてシミができやすくなります。
また、ストレスを感じると、体内に活性酸素が発生して、シミができやすくなります。

しかし、血流が良くなると、肌の新陳代謝が良くなって、シミの原因となるメラニンの色素沈着を防ぐことができるため、シミができにくくなります。


ニキビや吹き出物を改善

食べ過ぎたり、腸内環境が乱れていると、体内の毒素や老廃物が血液と一緒に全身を巡り、やがて肌の表面から排出されます。
これが、ニキビや吹き出物ができる原因です。

しかし、血流が良くなると、胃腸の活動が活性化されて、体内に毒素が発生しにくくなります。
また、血流が良くなると、血液も浄化されてきれいになるため、ニキビや吹き出物ができにくくなります。


くすみやクマを改善

血流が悪いと、肌の表面近くの毛細血管まで十分血液や酸素が行き渡らなくなり、顔色が悪くなって、くすんだ印象になります。
また、目の周りが黒ずんだり、暗くくすんで見える「クマ」ができるのも、血流が悪いことが原因です。

しかし、血流が良くなると、肌の毛細血管まで十分血液や酸素が行き渡り、顔色が良くなって、肌に透明感が出て、くすみやクマが改善されます。


シワを改善

肌が乾燥して、肌の水分や潤い成分が不足すると、シワができやすくなります。
血流が悪いと、肌が乾燥しやすくなり、コラーゲンの生成も停滞して肌の弾力が低下し、シワができやすくなります。

しかし、血流が良くなると、肌が乾燥しにくくなり、コラーゲンの生成も活性化されるため、肌の水分が増加し、肌に弾力が戻り、シワができにくくなります。


むくみやたるみを改善

血流が悪いと、体内の水分が細胞に溜まりやすくなります。
そのため、肌のむくみやたるみを引き起こします。

しかし、血流が良くなると、細胞に溜まっていた水分が流されて、体内の余分な水分が体外に排出されます。
そのため、むくみやたるみが改善されます。


乾燥肌と肌荒れを改善

血流が悪いと、肌の水分が減少して肌が乾燥しやすくなります。
また、コラーゲンの生成も低下するため、肌の潤いが保てなくなり、乾燥肌の原因となります。
更に、肌が乾燥すると、肌のバリア機能が衰えて、肌荒れや様々な肌トラブルを引き起こしやすくなります。

しかし、血流が良くなると、肌に栄養や水分が充分行きわたるようになり、コラーゲンの生成も活発になるため、肌に潤いが戻ります。
乾燥肌が改善されると、肌荒れしにくくなります。


脂性肌や毛穴の詰まりを改善

肌の乾燥が原因で、皮脂が過剰に分泌されて脂性肌になることがあります。
また、血流が悪いと、肌の新陳代謝が悪くなるため、毛穴が詰まりやすくなります。

しかし、血流が良くなると、肌の乾燥を防ぎ、皮脂の分泌量が正常化され、脂性肌を改善することができます。
また、肌の新陳代謝も良くなって、毛穴も詰まりにくくなります。


すぐにやめたい血流を悪化させる習慣とは?

注意点を説明する女性

何気ない日常の習慣が、実は血流を悪化させる原因だったりします。
では、血流を悪化させる生活習慣とは、どんなことでしょうか。
次の行為は、血流を悪化させるので、すぐにやめましょう!


食べ過ぎや、だらだら食べで血流悪化

食べている間は、体内の血液が胃腸に集中します。
ですから、一日中だらだらと食べ続けていると、血液が常に胃腸に集中するため、胃腸以外の血流が悪くなって体が冷えます。
その結果、肌荒れや体調不良を引き起こしやすくなります。
また、食べ過ぎると消化不良を引き起こし、腸内環境が乱れて、体内に毒素が発生したり、老廃物が溜まりやすくなります。
これらか血液と一緒に体内を巡るため、肌荒れを引き起こしやすくなります。

ですから、食事は適量を心がけ、おやつは一定の時間に食べ終えるようにして、だらだらと食べ続ける習慣はやめましょう。
暴飲暴食をやめると、血流が良くなって、肌荒れしにくくなります。


運動不足と筋肉の低下が血流を停滞させる

日頃、ほとんど運動しないと、血流が悪くなります。
更に、運動不足は筋肉の低下を招き、筋肉が低下すると血液を流す力が衰えるため、ますます血流が悪くなります。
その結果、血液が停滞して顔がむくんだり、肌がくすんでクマができやすくなります。

この悪循環を断つためには、毎日適度に歩いたり、定期的に汗をかく運動をすることが大切です。
運動して筋肉を鍛えると、血流が良くなってむくみが解消され、肌のくすみやくまが改善され、肌に透明感が出ます。


ストレスフルな生活が血管を収縮させる

ストレスがかかると、血管が収縮します。
一時的に血管が収縮するだけなら問題ないのですが、常にストレスがあったり、強いストレスに長時間さらされると、血管が収縮した状態が長く続くため、血流が悪くなってしまいます。
また、血管を傷つけてしまう可能性もあります。

適度なストレスは必要とも言われ、ストレスを完全に避けることはできませんが、できるだけ気分転換して、リラックスできる時間を持つようにしましょう。
深呼吸するだけでも、血管の収縮を緩めることができます。
リラックスすることで血管が緩み、血流が改善されて、ストレスからくる肌荒れを防ぐことができます。


睡眠不足は自律神経を乱して血流を悪化させる

睡眠中は、自律神経の副交感神経が優位になって、血管を拡張させます。
起きている間は、自律神経の交感神経が優位になって、血管が収縮されます。
自律神経はバランスが大切で、睡眠時間が短いと交感神経が優位になる時間が長くなり、血流が悪くなったり新陳代謝が落ちて肌荒れしあやすくなります。
また、不規則な生活も自律神経が乱れる原因となります。
更に、睡眠不足や不規則な生活はホルモンバランスの乱れを引き起こすため、ニキビや吹き出物ができやすくなります。

規則正しい生活を送りしっかり睡眠を取ると、自律神経が整い血流も良くなり、肌荒れ改善に繋がります。


◆まとめ

血流の悪化は、肌トラブルの原因になります。
血流が良くなると、肌トラブルを予防、改善することができます。

すぐにやめたい血流を悪化させる習慣をやってないか、一度見直してみてください。
あなたの肌トラブルの悩みが解消されますように!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*