タオル

【お風呂と入浴剤】美肌効果を高めるお風呂の入り方と、入浴剤の正しい使い方

毎日お風呂に入っていますか?
シャワーだけで済ませていませんか?
入浴は血流を良くして、肌を美しくします。
美肌効果を最大限引き出すためのお風呂の入り方をご紹介します。
また、美肌効果を高める入浴剤の種類や特徴についてもご紹介します。

スポンサードリンク


美肌効果を高めるお風呂の入り方

バスタイム

お風呂に入ると、肌が美しくなります。
ただし、美肌効果を得るためには、バスタブにお湯を溜めて体の芯まで温めることが大切です。

体が芯まで温まると、血流が良くなって肌が潤い、新陳代謝が活発になります。
肌のターンオーバーも活発になり、肌トラブルを防ぐことができます。
更に、お風呂にゆっくり入ると、心身がリラックスして寝つきが良くなり、質の良い睡眠を取ることができます。
良い睡眠は、自律神経やホルモンバランスを整え、肌トラブルを修復して、美しい肌を維持できるようになります。
このように、お風呂に入ると多くの美肌効果を得られます。


お湯の温度は38~40度が目安

熱めのお湯に長く入ると、心臓に負担がかかります。
かと言って、温度がぬる過ぎると体が冷えて逆効果です。
38~40度くらいの心地よい温度のお湯につかることで、副交感神経が優位になってリラックス効果を得ることができます。

ちなみに、熱めのお湯につかると交感神経が優位になって、頭がすっきりします。
また、細胞の修復機能を持つヒートショックプロテインと言うタンパク質が増加して、肌を綺麗にしてくれます。
ただし、心臓に負担がかかるので、熱めのお湯に入る時間は5分くらいにして、週1~2回程度にしましょう。


お湯に10分以上つかると乾燥肌に!

お風呂につかる時間は、5分程度では、すぐに体が冷えてしまうため、10分程度が理想的です。
体の芯まで温まることで、次のような効果を得られます。


  • 血流が良くなって、肌が美しくなる
  • 冷え性、肩凝り、腰痛などが改善される
  • 免疫力がアップし、風邪をひきにくくなる
  • むくみが解消される
  • 心身がリラックスして寝つきが良くなり、熟睡できる

ただし、お風呂に10分以上入っていると、皮脂やセラミドが流れてしまうため、乾燥肌の原因となります。
また、お風呂に20分以上入ると、体温が下がりやすいという実験結果があります。
長時間お風呂に入っていると、湯あたりして頭がのぼせたり、気分が悪くなることもありますので注意が必要です。


全身浴より半身浴がいいのはウソ?

美容や健康のために、半身浴でぬるめのお湯に長時間入るのが流行っています。
しかし、入浴の専門家、早坂信哉教授によると、半身浴は美容にとっておすすめどころか良くないそうです。
先ほど述べたように、長時間お風呂に入ると皮脂やセラミドが流れて乾燥肌になる可能性があるからです。
また、半身浴で10分程度お風呂に入っても、十分体が温まりません。
お風呂は、胸までつかって適温(38~40度)で10分程度が理想です。

ちなみに半身浴は、心臓が弱い方におすすめの入浴方法だそうです。


入浴前の水分補給で、美肌効果アップ!

お風呂に入る前にコップ一杯の水を飲むと、たっぷり汗をかいてデトックス効果が高まります。
汗をかくことで毛穴の詰まりを解消し、更に新しい皮脂が皮膚をおおうため、保湿効果も高まります。

また、汗をかきやすい人や、喉がかわきやすい人は、飲料水を用意してお風呂に入ることをおすすめします。
特に夏は、思ったより体内の水分が奪われていることもありますので、入浴中も水分補給すると良いでしょう。


お風呂でアルコールは絶対ダメ!

水分補給は大切ですが、お風呂でアルコールを飲むのは絶対やめましょう。
お湯につかると、血流が良くなってアルコールのまわりが速くなり、心臓発作や脳貧血を起こしやすくなります。
気を失って転倒したり、最悪おぼれてしまうこともあります。

また、飲酒後にお風呂に入るのも控えましょう。
二日酔いの状態のときも同様に危険ですので、お湯につかるのは控えて、ぬるめのお湯で軽くシャワーを浴びる程度にしましょう。


湯上り後は、すぐに保湿ケアを!

入浴剤に何らかのオイル(油分)が含まれていると、乾燥しにくくなります。
しかし、体が芯から温まると、体温でいつも以上に皮膚が乾燥しやすくなりますので、入浴後はオイルやクリームなどで、しっかり保湿ケアすることをお勧めします。
タオルで水分を拭き取ったら、時間を空けずに、すぐに保湿ケアしましょう。
肌が乾く前の、まだ水分が残っている状態のときに保湿ケアした方が、保湿効果が高くなります。


入浴剤を使って美肌効果アップ!

入浴剤

一番風呂は良くないといいますが、水道水には塩素が入っているため、そのままお風呂に入ると人によっては肌がヒリヒリする人もいるようです。
入浴剤を入れてお風呂に入ると、一番風呂であっても塩素から肌が受けるダメージを和らげる効果があります。
また、お湯につかるだけでも血流を良くする効果がありますが、入浴剤を使用すると更に美肌効果が高まります。


炭酸入浴剤(発砲入浴剤)の効果とは?

シュワシュワと泡が出る炭酸入浴剤(発砲入浴剤)は、健康にも美肌にも良いと言われます。
炭酸入浴剤の主な効果は、次の通りです。


  • 血管を拡張して、血流を良くする
  • 肌が潤い、肌艶が良くなる
  • 冷え性や、腰痛、肩こりの改善
  • 体温を上げて、免疫力を上げる
  • 神経を落ち着かせるリラックス効果
  • 寝つきを良くし、熟睡をもたらす安眠効果

入浴後は、湯冷めしないように1時間以内に布団に入ることをおすすめします。


炭酸の泡が出ている間は、効果がない!

炭酸はシュワシュワと泡立つのが特徴です。
泡がなくなると炭酸の効果がなくなると思っている方もいるようですが、実は逆で、炭酸の効果を得られるのは、入浴剤が充分お湯に溶けてから、つまり、泡が完全になくなってからになります。
泡が出ている間は、お湯に炭酸の成分が充分溶けていないので、むしろ効果はあまり得られません。
シュワシュワが出なくなって、炭酸が十分お湯に溶けてからお風呂に入りましょう。
ちなみに、炭酸が溶けたお風呂の効果は2時間くらい持続すると言われていますので、慌てずにゆっくり入ってくださいね。


入浴剤に清浄効果がある?

入浴剤の中には、体の垢を取り除く「清浄効果」があるものもあります。
具体的には、炭酸や塩を主成分とする入浴剤には、「清浄効果」があります。

清浄効果が比較的高いのは炭酸ナトリウム」で、体の皮脂や角質を浮かせて取り除いてくれる効果があります。
ただし、湯上り後は肌が乾燥しやすくなりますので、ボディケアとして保湿クリームやオイルなどを使用することをお勧めします。

炭酸水素ナトリウム(重曹)やバスソルトにも清浄効果がありますが、炭酸ナトリウムに比べるとマイルドな効果になります。
また、重曹やバスソルト
には、保湿効果や肌を柔らかくする効果などもありますが、乾燥が気になる場合は、やはり保湿ケアすることをお勧めします。


バスソルトの効果とは?

バスソルトには、主に次のような効果があります。


  • 発汗作用、デトックス効果
  • 新陳代謝を上げて、血行を良くする
  • 皮脂や角質を取り除き、肌を美しくする
  • 保湿効果があり、肌をしっとりさせる

ただし、商品によって成分が異なりますので、多少効果も違ってきます。
使用上の注意を良く読んでから使用しましょう。


岩塩の効果とは?

岩塩の主成分は塩化ナトリウム、つまり「食塩」で、他のミネラル成分はほとんど含まれていません。
食塩と言っても、食用以外の塩は絶対口にしないでくださいね。

塩は発汗作用があり、デトックス効果が期待できます。
肌の汚れを落とす洗浄作用や、保湿効果もあります。

また、岩塩のみを溶かしたお風呂の水は、洗髪には向いていません。
髪がきしむので、水道水で洗髪することをおすすめします。
他の潤い成分等を配合した入浴剤であれば、洗髪しても問題ありません。


死海の塩(デッドシーソルト)の効果とは?

海塩の主成分は塩化マグネシウムで、ミネラル成分が豊富です。
特に、死海の塩(デッドシーソルト)は、ミネラル成分が一般の海塩より豊富と言われています。

海塩にも血流を良くする効果や美肌効果があります。
ミネラルが豊富な死海の塩(デッドシーソルト)は、美肌効果も高いと言えます。
また、
マグネシウムや豊富なミネラルを肌から吸収することで、乾燥肌の改善や、疲労回復効果、腸の働きを整える効果があると言われています。


エプソムソルトは塩じゃない?

海外のセレブたちが使っていることから、日本でも話題になったエプソムソルト。
エプソムソルトとは、硫酸マグネシウムのことで、ソルトと言っても塩は含まれていません。
入浴剤として使うと、硫酸マグネシウムが皮膚から吸収されて、次のような効果があると言われています。


  • 血流を良くし、体を温める
  • 肌を柔らかくする
  • 発汗作用やデトックス効果がある

ただし、エプソムソルトを入れて長時間お風呂に入ると、体に負担がかかるとも言われます。
エプソムソルトを使用する際は、注意書きをよく読んで、お湯の温度や入浴時間に気を付けましょう。


入浴剤が入ったお湯で顔を洗っても良い?

一般的な入浴剤であれば、洗顔も洗髪も問題ありません。
ただし、入浴したお湯を使用する場合、衛生上あまり清潔とは言えませんので、仕上げは水道水で良くすすぐことをおすすめします。


■まとめ

お風呂で美肌効果を高める入浴方法についてご紹介しました。
入浴剤は、美肌効果を更に高める作用が期待できますので、是非使用することをお勧めします。
入浴剤の種類や特徴は様々なので、成分や注意書きを良く読んで、使用しましょう。
また、入浴後は10分以内にボディケアをして、肌の乾燥を防ぐことが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*