美しい肌の女性

肌のターンオーバーを正常化して美肌を取り戻す方法6選

「肌のターンオーバー」と言う言葉はよく聞きますよね。でも、実際どのような仕組みなのでしょうか。なんとなくイメージはつくけど、よくわからないと言う人もいるのではないでしょうか。そこで今回は、肌のターンオーバーの仕組みについて、誰でも理解しやすいように簡単にわかりやすくご案内します。
また、肌荒れに悩んでいる方が肌のターンオーバーを正常化して、美肌を取り戻す方法もご紹介します。
あなたもこの記事を読んで、健康的な美しい肌を目指しませんか?


肌のターンオーバーとは?

肌のターンオーバー

肌の新陳代謝、つまり皮膚が新しく生まれ変わることを肌のターンオーバーと言います。
新しく作られた皮膚は徐々に表面に押し上げられ、表面まで出ると、やがて垢となって自然にはがれ落ちます。この一連の流れを肌のターンオーバーと言います。
肌のターンオーバーの周期には個人差がありますが、約28日かかると言われています。つまり、約1ヵ月で肌は新しく生まれ変わります。このため、肌が荒れてもやがて綺麗な肌に戻るのです。
このように、肌のターンオーバーが正常に行われていれば、肌荒れやニキビなども自然と治り、シミもできにくくなります。
しかし、体調不良やストレスなどで肌のターンオーバーが正常に行われないと、肌が荒れたり、シミができやすくなります。


ターンオーバーの周期は短い方がいいはウソ!

肌のターンオーバーの周期について

肌のターンオーバーの周期は、加齢とともに長くなると言われています。すると、肌荒れが治るのに時間がかかるようになります。歳をとると傷が治りにくくなったり、シミが残ってしまうのも、このためです。
確かに、肌のターンオーバーの周期が長くなると肌荒れが治りにくくなるだけでなく、角質がたまってニキビができやすくなったり、肌がゴワゴワするようになったりします。
しかし、周期が早ければ良いと言うわけではありません。周期が短すぎると未熟な皮膚が表に出てしまい、肌のバリア機能が低下してしまいます。
つまり、肌のターンオーバーの周期は早過ぎても遅過ぎてもダメで、その人にとって適切な周期であることが大切です。


肌のターンオーバーが乱れる原因

ごろ寝する女性

肌のターンオーバーが乱れる原因は様々です。
例えば、誤ったスキンケアが肌のターンオーバーの周期を乱す原因となっていることもあります。
また、暴飲暴食や偏食などの食生活の乱れや不規則な生活は、体調不良を引き起こし、新陳代謝を低下させます。睡眠不足、強いストレスなどは、ホルモンバランスの乱れを引き起こします。
これらのことは、すべて正常なターンオーバーの妨げとなります。


肌のターンオーバーを正常化する方法

美しい肌の女性

では、肌のターンオーバーを正常に保つためにはどうしたらよいでしょうか。それには、特別なことをする必要はなく、日常生活を見直すことが大切です。具体的には、次のようなことに注意しましょう。


1.顔の洗い過ぎはダメ

顔を強くこすったり、念入りに洗い過ぎると、肌のターンオーバーの周期が短くなってしまいます。すると、皮膚は十分に成長しないまま表面に押し上げられてしまいます。このような未熟な皮膚は、ゴワゴワしていて水分を十分保持することが難しく、乾燥しやすくなります。
洗顔は基本、朝晩の一日2回にし、手早く短時間で洗い流すようにしましょう。特にピーリングなどの角質ケアは肌のターンオーバーを早めますので、週1~2回が適切です。使用上の注意をよく読んで、やり過ぎないように注意しましょう。
洗顔後は、やさしくタオルを顔に押し当てて水分を拭き取るようにし、絶対タオルで皮膚をこすらないようにします。
洗顔後、肌が乾燥しやすい場合は、保湿効果の高い化粧水やクリームなどを塗って肌の乾燥を防ぎましょう。


2.紫外線に注意

紫外線が肌に与えるダメージはとても強く、肌細胞が早く修復しようと働くためターンオーバーの周期を早めると言われています。その結果、正常な肌を作ることができないばかりか、シミができやすくなります。
日中は紫外線に十分注意し、日傘やサングラスを着用し、日焼け止めクリームやUVカット化粧品などを使用して、紫外線を直接浴びることがないように注意しましょう。特に紫外線が強くなる5月から8月は、曇りの日でも紫外線対策を怠らないようにしましょう。
【2018年】日焼け止めクリーム(化粧下地)人気ランキング・トップ10
【2018年】敏感肌の人が選ぶ日焼け止めクリーム人気ランキング・トップ10


3.食生活はバランスが大事

毎日の食生活が肌に与える影響は大きいです。
暴飲暴食をすれば、腸内環境が悪化して毒素が発生し、肌荒れに繋がります。偏食すると特定の栄養素が不足するため、やはり肌のターンオーバーが上手く機能しなくなります。
魚には良質なタンパク質や脂、肉類にはビタミンB群、海藻類にはミネラル、きのこ類には食物繊維、野菜や果物には各種ビタミン等が含まれていて、これらの営養素がお互いに助け合うことで代謝が良くなり、肌のターンオーバー機能も向上します。こうして、健康的な美しい肌が作られるのです。
規則正しく、栄養が偏らないように食事を摂る習慣を付けることが大切です。より詳しい内容は、こちらをご覧ください。
【肌にいい食べ物】肌のタイプや悩み別おすすめの食べ物


    4.睡眠は質が重要

    以前は、夜10時から深夜2時までをゴールデンタイムと呼び、この時間帯に眠っていることが重要と言われましたが、現在の見解はそうではないようです。眠ってから最初の4時間に成長ホルモンの分泌がもっとも盛んになることがわかってきました。ですから、例え時間帯がずれていても、最初の4時間でぐっすりと深い睡眠を取ることができれば、肌のターンオーバーが活発に行われて肌のダメージが修復されるようです。
    更に、睡眠は質が大切と言われます。十分睡眠時間をとっているのに、疲れがとれないと言うことはありませんか? これは、質の良い睡眠がとれていないためです。
    質の良い睡眠をとるために、おすすめの習慣をご紹介します。


    • 寝る直前に食べ物を口にせず、就寝3時間前までには食事をすませる
    • スマホやPCのブルーライトは目に与える刺激が強く、寝つきを悪くするため、就寝前の1時間はスマホやPCを見ない
    • 朝日を浴びると睡眠ホルモンの分泌が促進されて寝つきが良くなるので、しっかり朝日を浴びる

    5.睡眠の質を高める入浴

    入浴は血行を良くして代謝をアップさせ、肌のターンオーバーの機能を向上させます。また、入浴は睡眠の質を高める効果もあります。入浴すると体温が上がりますが、上がった体温が下がって元の体温に戻る時に、人は眠くなるようにできているからです。
    入浴してから、だいたい1~2時間後に眠くなると言われています。ですから、入浴は就寝する1~2時間前に済ませるとよいでしょう。ただし、あまり熱いお湯につかると逆に目が冴えてしまいますので、40度前後のお湯にゆっくりつかると良いでしょう。


    6.就寝前のアルコールは絶対NG!

    よく「就寝前にアルコールを飲むと眠れる」と言う話を聞きます。しかし、これは絶対NGです。アルコールは一時的に眠気を誘いますが、睡眠の質は確実に悪くなります。
    お酒を飲むと、アルコールを分解するために水分が大量に失われ、営養素も消費されます。その結果、喉が渇いて眠りが浅くなったり、トイレに行きたくなって目が覚めてしまいます。更に、肌の乾燥や肌荒れを引き起こし、肌のターンオーバー機能も低下してしまいます。
    健康のためにも肌のためにも、就寝前のアルコールは絶対控えましょう。


    まとめ

    肌のターンオーバーは、美しい肌を維持するために重要な機能です。この機能を正常に保つために、スキンケア、紫外線対策、食生活、睡眠、入浴のコツなどをご紹介しました。是非、この機会に日常生活を見直してみましょう。

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    *