健康的!ラズベリー高タンパクスムージー★

40代でも遅くない!若返りホルモン(成長ホルモン)を増やす生活習慣と食材、レシピの紹介

40歳を過ぎても若くなれる方法をご存知ですか?
そのヒミツは、通称「若返りホルモン」と呼ばれる「成長ホルモン」にあります。
10代後半をピークに、成長ホルモンの分泌量は減少していき、老化が進みます。
その結果、シミやシワが増えて老け顔になります。

成長ホルモンの分泌量を増やすことができれば、肌に潤いや弾力が戻り、老化を抑制することができます。
実は、何歳になっても成長ホルモンの分泌量を増やすことはできます!!
今回は、この若返りホルモン(成長ホルモン)を増やす方法について、ご紹介します。

スポンサードリンク


若返りホルモン(成長ホルモン)とは?

若返りホルモンで若返る女性

成長ホルモンは、人の成長に欠かせないホルモンで、子どもの成長期にもっとも多く分泌されます。
そして、成長期を過ぎると、成長ホルモンの分泌量はどんどん減少していきます。

しかし、実は成長ホルモンは大人にとっても嬉しい効果をもたらしてくれます。
成長ホルモンは、若返りホルモンとも呼ばれ、老化防止作用やアンチエイジング効果があるのです。
具体的には、次のような効果があります。


  • 肌のターンオーバーを促進し、肌荒れを防ぎ、肌を若々しく保つ
  • コラーゲンの生成を助けて、肌にハリや弾力を与える
  • エネルギー代謝を上げで体脂肪を減らし、ダイエット効果がある
  • 骨の形成を促進し、骨粗鬆症を予防する

このように、成長ホルモンは大人にとっても有効なホルモンで、美容のためにも重要なホルモンなのです。


若返りホルモンを増やす方法① 南雲医師が勧める3つの方法

ナグモクリニック総院長を務める南雲吉則医師

出典:ナグモクリニック

50才を超えても30代に見える医師として知られる、ナグモクリニック総院長を務める南雲吉則医師
南雲医師が提唱する若返りホルモンを増やす方法をご紹介します。


お腹が鳴れば鳴るほど、若返る

南雲医師によると、成長ホルモンは空腹時に分泌されるそうです。
お腹が鳴れば鳴るほど、どんどん成長ホルモンが分泌されて、若返るそうです。
満腹状態では成長ホルモンは分泌されないため、食べ過ぎや暴飲暴食は絶対避け、だらだらとおやつを食べ続けると言った習慣も注意が必要です。
食事を摂る際は、常に腹八分を心がけると良いようです。
昔の人は、お腹いっぱい食べるより少し足りないぐらいが体に良いことを経験から知っていたのでしょうね。

また、南雲医師によると、空腹は成長ホルモンだけでなく、長寿ホルモンであるアディポネクチンの分泌も促すそうです。
アディポネクチンは、寿命を左右すると言われる血管を若返らせるため、結果として寿命を延ばす働きをします。
更に、空腹は、若返り遺伝子と言われるサーチュイン遺伝子を活性化する働きもあるそうです。
サーチュイン遺伝子は、寿命を延ばす効果があると言われ、現在注目されている遺伝子のひとつです。


睡眠の最初の3時間が重要!

美肌のために睡眠が重要とは、よく言われる言葉です。
睡眠中に成長ホルモンが分泌されて、肌のターンオーバーを促進するため、良い睡眠は美肌を作る効果があります。
特に、睡眠の最初の3時間に、成長ホルモンが多く分泌されると言われます。
南雲医師は、毎日10時に就寝して4時頃起きることが多いそうです。
朝日を浴びると睡眠に関するホルモンが分泌されて、夜の寝つきが良くなりますので、早寝早起きを心がけると熟睡できるようになり、成長ホルモンの分泌を促進することに繋がります。


ウォーキングが成長ホルモンを分泌させる

筋トレや激しい運動をすると、成長ホルモンが分泌されることがわかっています。
筋肉を鍛えると、壊れた筋肉を修復しようとして成長ホルモンの分泌が活発になり、その結果、より強固な筋肉が作られます。
しかし、スポーツや運動が苦手な人には苦痛ですし、仕事が忙しくてそんな時間とれないと言う人もいますよね。
そこで、南雲医師がお勧めするのがウォーキングです。
ウォーキングなら、スポーツや運動が苦手な人でも手軽に実践できますし、仕事が忙しい人も通勤時間に実践することができます。
ポイントは背筋を伸ばしてお腹をへこませ、さっそうとかっこよく歩くことです。
姿勢良く歩くと、インナーマッスルが鍛えられますし、見た目もかっこいいですよね。


若返りホルモンを増やす方法② スロートレーニング

スロートレーニングとは?

通称スロトレと呼ばれるスロートレーニングは、ゆっくりとした動作で筋肉に負荷をかけるトレーニングのことを指します。
筋トレや加圧トレーニングを実践すると成長ホルモンが分泌されますが、このスロトレを実践することでも同じように成長ホルモンを分泌することができます。
スロトレは、体力がない人も無理なく始められるので、お勧めです。

筋トレと成長ホルモン分泌量の関係

出典:若返りホルモン100倍エクサ


スロートレーニングの手順と効果的なやり方

では、実際にスロトレをひとつご紹介します。
スクワットをスロトレでやってみましょう。
手順は、こちらです。


  1. 足を肩幅に広げて立ちます。手は、頭の後ろで組むか、腰に当てます。
  2. 息を吸って、吐きながらゆっくりと約5秒かけて腰を下げます。
  3. 息を吸いながら、ゆっくりと約5秒かけて腰を上げます。

イメージとしては、太極拳のようにゆっくりと体を動かします。
呼吸を止めないように意識することも大切です。

成長ホルモンをより効率的に分泌させるには、ちょっとしたコツがあります。
次のことに注意すると、スロトレの効果がアップします。


1.“ちょっときつめ”の強度がいい
楽にできる運動よりも、筋肉がプルプルするようなきつめの強度のエクサイズで多く分泌される。

2.空腹時に行う
血糖値が高い状態だと成長ホルモンの分泌が抑制される。エクササイズは空腹時に行い、食事まで15分ほど空けるのがいい。

3.大きな筋肉や下半身を動かすと効く
筋肉刺激がスイッチとなり、成長ホルモン分泌の指令が入る。大きな筋肉や下半身を動かすとそれだけ刺激が高まる。

出典:若返りホルモン100倍エクサ

是非、参考にしてください。


スクワットの正しいやり方(動画)

スクワットの正しいやり方は、こちらの動画をご覧ください。

一度に10回、一日に3セットやるのが目安です。
ただし、体力には個人差がありますので、ご自身の体調に合わせて実施してください。


若返りホルモンを増やす方法③ タンパク質を摂る

成長ホルモンの原料はタンパク質です。
ですから、しっかり睡眠を取ってスロトレしても、タンパク質が不足すると成長ホルモンの分泌量は増えません。
タンパク質が不足した状態が続くと、老化を早めることに繋がります。
食事では、きちんとタンパク質を摂取するようにしましょう。

たんぱく質の多い食材は、魚介類、海藻類、肉・卵類、豆類、木の実類などです。


■まとめ

歳をとっても、美しく健康的でいたいですよね!!
今回は、若返りホルモン(成長ホルモン)を増やす方法をご紹介しました。
日常生活で、少し気を付けるだけで成長ホルモンを増やすことができます。
どれも簡単にできることばかりなので、是非実践してくださいね。

若返りに興味のある方は、こちらの記事もご覧ください。
→ 【くるみ】脳も肌も若返る!認知症予防、老化抑制などくるみの栄養効果7つ
→ 10歳若返る?!老化や病気の原因「ゴースト血管」を改善する方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*