様々なヘルシーオイル

美容効果の高い油5選(亜麻仁油、えごま油、オリーブオイル、マカダミアナッツオイル、こめ油)

肌が乾燥したり、髪がパサつくのは、油分が足りない証拠です。新鮮な油を生で食べると、老化抑制効果や美容効果を得られます。
今回は、芸能人や海外セレブ達もやってる油の摂り方と、お勧めの油ベスト5の美容効果をご紹介します!

スポンサードリンク


新鮮な油を生で食べると、老化抑制効果や美容効果がある

様々なヘルシーオイル

新鮮な油を生でいただくと、抗酸化力が働いて、老化抑制効果や美肌効果を得られます。
また、便秘解消や動脈硬化の予防など、様々な健康効果があると言われています。

ただし、どんな油でも生で食べると良いわけではありません。
油には、火を通す料理に向いているものと、生で食べるのに向いているものがあります。

そこで、生食に向いているお勧めの油5選と、その効果や特徴についてご紹介します。
5種類の油は、それぞれ異なる美肌作用がありますので、肌の悩みに合わせて選ぶと良いでしょう。
また、油の風味はそれぞれ異なりますので、味の好みで選ぶのも良いでしょう。


油を生食することで得られる健康効果とは?

今回紹介する油を生食することで、次のような健康効果が得られます。


  • 脳卒中、心臓病の予防
  • 動脈硬化、高血圧の予防
  • 生活習慣病の予防、改善
  • 胃腸の働きを助ける
  • コレステロールを下げる
  • 記憶力を助け、学習能力を上げる
  • 認知症、うつの予防改善
  • 老化抑制効果

この他に、多くの美容効果も得られますが、詳細は各油の項目でご紹介します。


油を生食する場合、一日の適量は?

油を摂取する際、大切なのは摂取量です。
の1日に必要な摂取量は、大さじ3杯と言われています。
肉類や他の食品からも摂取することを考えると、生食は1日大さじ1杯が理想です。
過剰に摂取しても効果が上がるわけではなく、むしろ逆効果になりますので、摂り過ぎには注意しましょう。


サラダだけじゃない!生食油の食べ方とは?

オイルをかけた和食

油を生で食べる方法は、さまざまです。
生野菜にドレッシングのように油をかけて、レモンや塩コショウなどで味を調えても良いでしょう。

他にも、出来上がった料理に、直接油をかけるだけで、美味しくいただけます。
どんな料理にも合いますし、意外と和食でも合います。

例)
サラダ、卵かけごはん、納豆、豆腐、味噌汁、肉料理、魚料理、煮物、お浸し、うどん、そば

つまり、何にかけてもOKです!
いろいろ試して、お好きな方法で食べてくださいね。

ただし、ひとつだけ注意点があります。
熱に弱い油を使用した場合、残して後で温めなおすと酸化するので、効果が半減してしまいます。
ですから、熱に弱い油は、食べる分だけに使用して、残さず完食すると良いでしょう。

熱に強い油であれば、温め直しても酸化しにくいため安心です。
生食にも加熱調理にも使えるは、オリーブオイル、マカダミアナッツオイル、こめ油などです。


油の保存方法

油は一般的に光や湿気に弱く、酸化しやすいため、 必ず冷暗所に保存しましょう。
また、生食用油は新鮮さが重要になりますので、 油を購入したら、早めに使い切るようにしましょう。


美容効果の高い生食用お勧めの油【ベスト5】

では、生食に向いている油のうち、お勧めの5種類をご紹介します。
それぞれの美容効果についてもご紹介しますので、選ぶ時の参考にしてください。


亜麻仁油(アマニ油)

亜麻仁油


  • 美容効果:肌老化の抑止、ターンオーバーを助ける、くすみ解消、肌荒れ解消
  • 栄養成分:α-リノレン酸、ポリフェノール(リグナン)

亜麻仁油は、亜麻の種子から得られるオイルです。
英語ではフラックスオイルとか、リンシードオイルと言います。
食べる美容液と言われ、芸能人の間でも愛用者が多い油です。
熱に弱く加熱すると酸化しやすいため、生食でいただくのに向いています。

亜麻仁油に多く含まれるα-リノレン酸は必須脂肪酸で、皮膚や粘膜の機能を調整する働きがあります。
また、肌のターンオーバーを助け、肌荒れや乾燥などの様々な肌トラブルを改善する効果があります。
更に、肌を潤しハリとツヤを与えるなど美肌効果抜群のオイルです。

亜麻仁油には、リグナンと言うポリフェノールの一種が含まれています。
リグナンは、女性ホルモンに似た働きをするため、 ホルモンの乱れからくる肌荒れを防いでくれます。
また、紫外線やストレスからくる肌の老化を防ぐ働きがあります。
更に、リグナンには血行を良くする働きもあるため、顔色が良くなり、くすみを解消する効果もあります。

亜麻仁油は食物繊維も豊富で、水溶性と不溶性の両方をバランスよく含んでいます。
そのため、腸内環境を整えて便秘を解消し、便秘による肌荒れを防ぎます。


えごま油(荏胡麻油)

えごま油


  • 美容効果:くすみ解消、ニキビ・肌荒れ予防・改善、アンチエイジング効果、肌老化の抑止
  • 栄養成分:α-リノレン酸、ロズマリン酸

えごまの種子から得られる油です。
えごまはシソ科の一年草で、しそ油とも言われます。
熱に弱く加熱すると酸化しやすいため、生食でいただくのに向いています。

えごま油には、体内でDHAやEPAに変わるα-リノレン酸が豊富に含まれていて、様々な美肌効果が期待できます。

まず、血流を良くしますので、くすみが解消されます。
デトックス効果もあるため、便秘からくるニキビや肌荒れを予防、改善します。
年齢とともに減少するコラーゲンの働きを助ける役割があるため、肌を潤し、ハリや艶を与えてくれます。

また、えごま油にはポリフェノールの一種であるロズマリン酸が含まれています。
ロズマリン酸は、代謝を促進させ、
血糖値の急激な上昇を防ぐため、ダイエット効果はもちろん、糖化と言う肌老化を防ぐ効果もあります。


オリーブオイル

オリーブオイル


  • 美容効果:便秘解消、ニキビ・吹き出物の予防と改善
  • 営養成分:オレイン酸が豊富、ビタミンA、ビタミンE、ポリフェノール

すっかり日本でもおなじみのオリーブオイルは、速水もこみちさんの人気料理番組でも毎回登場することから、ますます愛用者が増えているのではないでしょうか。

オリーブオイルは、ご存知の通りオリーブの果実をそのまま絞ったものです。
エクストラバージンオリーブオイル、またはバージンオリーブオイルには、化学溶剤が一切使用されていませんので、生食にお勧めです。
ちなみに、一番搾りの100%生オイルをバージンオリーブオイルと言い、その中で最高級品質のものをエキストラバージンオリーブオイルと言います。

オリーブオイルの75%はオレイン酸で、酸化しにくく熱にも強いため、炒め物や揚げ物などの調理にも使用できます。
しかし、オリーブオイルは何と言っても天然の果肉本来の風味が残っていますので、ぜひ生食でその香りを楽しみたいものです。

オリーブオイルに豊富に含まれるオレイン酸は、便秘を解消する働きがあり、便秘によるニキビや吹き出物の予防・改善効果があります。
また、オリーブオイルには肌を美しく保つ働きのあるビタミンAやビタミンEも含まれており、更にポリフェノールの働きも加わって、強い抗酸化作用が期待できます。

そして、オリーブオイルには母乳に近い成分が含まれていますので、子供から大人まで安心して摂取できます。 


マカダミアナッツオイル

マカダミアナッツ


  • 美容効果:アンチエイジング効果、乾燥・シワ・たるみなどの予防と改善
  • 栄養成分:パルミトレイン酸、オレイン酸、ビタミン、ミネラル

マカダミアナッツの種子から得られるです。
ほんのり甘い風味が特徴です。

マカダミアナッツオイルは、熱に強いオレイン酸も多く含んでおり、沸点が175度と高くて焦げにくく、 酸化しにくいという特徴があります。
そのため生食だけでなく、炒め物や揚げ物などの加熱料理にもおすすめのです。
酸化に強く比較的長期保存が可能ですが、品質を保持するためには冷暗所に保存し、早めに使い切りましょう。

マカミアナッツオイルには、パルミトレイン酸が豊富に含まれています。
実は人間の肌にもパルミトレイン酸が含まれており、皮膚成分の10パーセントを占めていますが、年齢とともに減少していきます。
マカミアナッツオイルにはアンチエイジング効果があり、パルミトレイン酸を補って肌の老化を防ぐ働きがあります。

年齢とともに皮脂が不足すると、肌の水分が蒸発しやすくなり、乾燥しやすくなります。
乾燥肌は小じわが出来やすく、肌のたるみの原因にもなります。
パルミトレイン酸は皮脂の働きを正常化し、肌を潤して乾燥を防ぎますので、乾燥によるシワやたるみなどの肌トラブルの予防と改善に役立ちます。

また、マカダミアナッツオイルはビタミンやミネラルもバランスよく含んでおり、美肌にはもちろん健康のためにもおすすめのです。
コレステロールを減少させる働きがあり、ダイエットにも向いています。

<関連記事>
【マカダミアナッツ】肌の乾燥を防ぎ、血糖値を下げる!美味しくて健康効果抜群!


こめ油

こめ油


  • 美容効果:肌の若返り、アンチエイジング効果、シミ・シワ・くすみ解消、ハリ・艶効果
  • 栄養成分:オレイン酸、リノール酸、ビタミンE、トコトリエノール、γ-オリザノール

こめ油は、玄米を精白する過程で生じる米ぬかから抽出される油で、米ぬか油とも言われています。
抽出量が少ないため一般的な油よりは割高になりますが、国産原料のみで製造されています。

オレイン酸とリノール酸をバランス良く含んでおり、熱にも強く、加熱により酸化しにくいです。
特に揚げ物は、他のに比べてカラッと揚がり、臭みがなく胸やけしにくい特徴があります。

こめ油は、美肌に良いとされるビタミンEが豊富で、抗酸化力が強く、アンチエイジング効果があります。
ビタミンEの1日の摂取量は8mg と言われますが、米油ならスプーン一杯でその7割を摂取できます。

更に、スーパービタミンEと呼ばれるトコトリエノールを含んでおり、その抗酸化力は普通のビタミンEの50倍と言われています 。
抗酸化力が強いと、活性酸素を除去する効率が上がり、肌の若返りが期待できます。
トコトリエノールは、吸収された後皮膚に行き渡り、紫外線から肌を守る役割があるため、シミやシワを防ぎ、美肌効果も期待できます。

米油に含まれるγ-オリザノールは血行を促進するはたらきがありますので、肌のくすみを解消し、肌にはりやつやを与えてくれます。


<関連記事>

美肌と健康を左右するオイルのヘルシーな摂り方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*