夏みかん

【夏みかん】日焼けや夏バテ解消にぴったり!ピールやマーマレードのレシピもご紹介します

夏みかんは美白効果や疲労回復効果があり、夏の日焼けや夏バテ解消にお勧めの果物です。
また、夏みかんの皮には様々な健康効果があります。
そんな夏みかんの栄養効果と、夏みかんを使ったレシピを
cookpadから抜粋してご紹介します。
健康効果抜群の皮を使ったピールやマーマレードなどのレシピに加えて、夏みかんを綺麗に剥く方法もご紹介します。

スポンサードリンク


夏みかんの主な栄養効果

夏みかん


豊富なビタミンCがシミやソバカスを防ぎ、肌を潤す

夏みかんはビタミンCが豊富で、みかんよりも多く含まれています。
シミ・そばかすの原因となるメラニン色素は、アミノ酸の一種であるチロシンから生成されます。
夏みかんに豊富に含まれているビタミンCは、チロシンを生成する酵素であるチロシナーゼの働きを抑制し、メラニン色素の沈着を防ぐ働きがあるため、シミ・そばかすの予防に効果があります。
また、ビタミンCにはコラーゲンの生成を助ける働きがあり、肌に潤いや弾力を与える効果があります。 


クエン酸はみかんの2倍!疲労の蓄積を抑え、疲労を回復

みかんはクエン酸が豊富ですが、特に夏みかんは豊富で、みかんの2倍以上含まれています。
激しい運動やストレス、不規則な生活によって細胞が酸欠状態になると、体内に疲労物質である乳酸が溜まります。
クエン酸には乳酸を分解しエネルギーに変える働きがあるため、疲労の蓄積を抑え、疲労を回復させる効果があります。
夏みかんは、エネルギーの代謝を助けるビタミンB1も豊富で、疲労回復を高める効果があります。


ビタミンCが免疫力を高めて病気を予防

ビタミンCは、体外から侵入してくる細菌やウイルスと闘う白血球の働きを活性化し、感染症を予防します。
更に、ビタミンC自体も細菌やウイルスを攻撃する働きをします。
そのため、夏みかんには免疫力を高めて、風邪などの感染症を予防する効果があります。
また、病気の回復を早める効果もありますので、風邪をひいているときに夏みかんはお勧めの食べ物です。


ビタミンCとビタミンB1の相乗効果でストレスを緩和

夏みかんに含まれるビタミンCには、ストレスを緩和する効果があります。
ストレスを感じるとビタミンCが消費されるため、日頃ストレスを感じやすい人ほどビタミンCが必要になります。
また、ビタミンB1は、脳内の神経伝達物質の働きを活性化し、神経や筋肉の機能を正常に保つ効果があり、イライラを抑えて、集中力を高める効果があります。


夏みかんの皮の整腸効果で便秘解消

夏みかんの皮には、水溶性食物繊維であるペクチンが豊富に含まれています。
ペクチンは腸内で善玉菌のエサとなるため、腸内環境を整えて便秘を解消する効果があります。
ですから、便秘の方には、夏みかんの皮を使ったマーマレードがお勧めです。
レシピは、後ほどご紹介します。


動脈硬化や高血圧、生活習慣病を予防

夏みかんに含まれるビタミンCや、夏みかんの皮に多く含まれるペクチン、ヘスペリジンには、血中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあり、動脈硬化を予防する効果があります。
また、カリウムには余分なナトリウムを体外に排出し、高血圧を予防する効果があります。
更に、みかんの袋やスジ、皮に多く含まれるヘスペリジンには、毛細血管を強くする働きがあります。
これらの働きにより、夏みかんには生活習慣病を予防する効果があります。
夏みかんの皮を摂取するには、マーマレードがお勧めです。
次にご紹介するレシピをご覧ください。


夏みかんの栄養成分比較表

夏みかん100gに含まれる営養素は、次の通りです。
春~夏が旬のフルーツ100gに含まれる栄養成分と比較しています。

※各栄養素の含有率が最も高い数値の背景をピンクにしています。
※トコフェロールとは、ビタミンEのことです。


成分 あんず グレープフルーツ さくらんぼ スイカ 夏みかん びわ メロン
エネルギー (kcal) 36 38 60 37 40 40 42
たんぱく質 (g) 1.0 0.9 1.0 0.6 0.9 0.3 1.0
炭水化物 (g) 8.5 9.6 15.2 9.5 10.0 10.6 10.4
水溶性食物繊維 (g) 0.6 0.2 0.1 0.1 0.4 0.4 0.2
不溶性食物繊維 (g) 1.0 0.4 1.1 0.2 0.8 1.2 0.3
ミネラル類 あんず グレープフルーツ さくらんぼ スイカ 夏みかん びわ メロン
ナトリウム (mg) 2 1 1 1 1 1 6
カリウム (mg) 200 140 210 120 190 160 350
カルシウム (mg) 9 15 13 4 16 13 6
マグネシウム (mg) 8 9 6 11 10 14 12
鉄 (mg) 0.3 0.3 0.2 0.2 0.1 0.2
亜鉛 (mg) 0.1 0.1 0.1 0.1 0.1 0.2 0.2
ビタミン類 あんず グレープフルーツ さくらんぼ スイカ 夏みかん びわ メロン
βカロテン (μg) 1400 0 81 830 22 510 3600
βクリプトキサンチン (μg) 190 0 21 0 120 600 0
βカロテン当量 (μg) 1500 0 98 830 85 810 3600
トコフェロール (mg) 1.7 0.3 0.5 0.1 0.3 0.1 0.2
ビタミンB1 (μg) 0.02 0.07 0.03 0.03 0.08 0.02 0.05
ビタミンB2 (μg) 0.02 0.03 0.03 0.02 0.03 0.03 0.02
ビタミン類 あんず グレープフルーツ さくらんぼ スイカ 夏みかん びわ メロン
ナイアシン (μg) 0.3 0.2 0.2 0.4 0.2 0.8
ビタミンB6 (mg) 0.05 0.04 0.02 0.07 0.05 0.06 0.11
葉酸 (μg) 2 15 38 3 25 9 24
パントテン酸 (mg) 0.30 0.39 0.24 0.22 0.29 0.22 0.16
ビタミンC (mg) 3 36 10 10 38 5 25

参考:食品成分データベース


■まとめ

夏みかんはビタミンCが豊富で、美白効果や肌の弾力を出す効果が期待できます。
また、夏みかんはクエン酸が豊富で、みかんの2倍以上含まれています。
ビタミンB1との相乗効果で疲労回復を早める効果があります。
更に夏みかんの皮には、整腸効果や動脈硬化を防ぐ効果があり、健康促進にお勧めです。
夏みかんを使ったレシピ」では、ピールやマーマレードのレシピをご紹介していますので、是非参考にしてください。


■関連記事

【2018年】日焼け止めクリーム(化粧下地)人気ランキング・トップ10

紫外線に負けない!夏の美白に必要な「7つの食材」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*