セロリ

【セロリ】ストレスを解消し、肌艶も良くなる!セロリの効果と美味しい食べ方

セロリは香りが強くて苦手な人も多いかもしれません。
でも、セロリにはストレスを解消する効果、肌艶を良くする効果や健康効果もたくさんあるので、食べないと勿体ない!
そんなセロリの効果と、超簡単で美味しいセロリの食べ方をご紹介します。

スポンサードリンク

セロリでストレスを解消し、美肌を手に入れる!

セロリ

淡色野菜セロリは、ニンジンやみつばと同じせり科の植物で、「オランダミツバ」「清正にんじん」とも呼ばれています。
「清正にんじん」と呼ばれる由来は、熊本の戦国大名として有名な加藤清正が初めて朝鮮から日本に持ちこんだため、と言われています。

セロリは香味野菜のひとつで、独特の香りがあります。
この香りは、肉のくさみを消したり、料理に風味をつけたりすることができます。
この香りが苦手な人もいるかもしれませんが、実はセロリの香りには気持ちをリラックスさせる効果があります。

また、セロリの葉の部分はβカロテンが豊富で、茎の部分はビタミンCが豊富なので、どちらにも美肌効果があります。
日頃ストレスが溜まっている人は、セロリを食べるとイライラの解消に繋がり、美肌効果も得られるので、一石二鳥です。

そんな女性に嬉しいセロリの栄養成分、効果、そして簡単で美味しい食べ方をご紹介します。

セロリの栄養成分比較表

セロリ100gに含まれる営養素は、次の通りです。
冬が旬の淡色野菜100gに含まれる栄養成分と比較しています。

※各栄養素の含有率が、最も高い数値の背景をにしています。
※トコフェロールとは、ビタミンEのことです。

成分カリフラワーキャベツセロリネギ(軟白)白菜土耕レタス
エネルギー (kcal)272315341412
たんぱく質 (g)3.01.30.41.40.80.6
炭水化物 (g)5.25.23.68.33.22.8
水溶性食物繊維 (g)0.40.40.30.30.30.1
不溶性食物繊維 (g)2.51.41.22.21.01.0
ミネラル類カリフラワーキャベツセロリネギ(軟白)白菜土耕レタス
ナトリウム (mg)852862
カリウム (mg)410200410200220200
カルシウム (mg)244339364319
マグネシウム (mg)1814913108
鉄 (mg)0.60.30.20.30.30.3
亜鉛 (mg)0.60.20.20.30.20.2
ビタミン類カリフラワーキャベツセロリネギ(軟白)白菜土耕レタス
βカロテン (μg)1849448292240
トコフェロール (mg)0.20.10.20.20.20.3
ビタミンK (μg)17781085929
ビタミンB1 (μg)0.060.040.030.050.030.05
ビタミンB2 (μg)0.110.030.030.040.030.03
ビタミン類カリフラワーキャベツセロリネギ(軟白)白菜土耕レタス
ナイアシン (μg)0.70.20.40.60.2
ビタミンB6 (mg)0.230.110.080.120.090.05
葉酸 (μg)947829726173
パントテン酸 (mg)1.300.220.260.170.250.20
ビタミンC (mg)8141714195

参考:食品成分データベース

セロリの美肌効果と健康効果

コラーゲンを増やし、肌荒れを防ぐセロリの茎

セロリのには、食物繊維、カリウム、ビタミンCが多く含まれています。
また、栄養成分表にはありませんが、ビタミンU(キャベジン)も含まれています。
このことから、セロリの茎は主に次のような効果が期待できます。

  • ビタミンCがコラーゲンの生成を促進し、肌にハリやツヤを与える
  • 食物繊維が腸内環境を整えて、肌荒れを防ぐ
  • 食物繊維が便秘を解消し、デトックス効果がある
  • ビタミンUが、胃腸の健康を維持し、胃腸炎や胃潰瘍を予防する
  • 体内の水分量を適切に調整し、むくみを解消する
  • 余分な塩分を排出し、高血圧を防ぐ
  • 筋肉にエネルギーを補給し、筋力の低下を防ぐ

特にカリウムが豊富ですので、むくみが気になる人にお勧めです。
また、セロリの茎には肝機能を高める効果がありますので、二日酔いのときに食べると良いでしょう。

肌の健康を維持するセロリの葉

セロリのには、βカロテンが多く含まれており、主に次のような効果が期待できます。

  • βカロテンが皮膚の健康を維持し、肌の健康を維持する
  • βカロテンの抗酸化作用が老化を抑制する
  • βカロテンが粘膜を強化し、ウィルスや細菌が体内に侵入するのを防ぎ、風邪を予防する
  • βカロテンが眼精疲労を解消したり、視覚を正常化して、目を保護する

セロリの茎と葉の両方を食べることで、相乗効果となり、美肌効果や健康効果が増します。

リラックス効果があるセロリの香り成分

セロリの香り成分は、アピインやセネリン、ピラジン、アビオイルなど約40種類もあります。
これらの香りには、主に次のような効果が期待できます。

  • アピインやセネリンが神経を鎮めて、リラックス効果をもたらす
  • ピラジンが血液を浄化して、動脈硬化や生活習慣病を防ぐ
  • アビオイルが食欲を増進させる

この中で、血液をサラサラにして血流を改善する効果があるピラジンは、セロリの葉の部分に多く含まれています。
ストレスを感じたら、セロリの葉の香りを嗅いでみてください。
自然と心が落ち着いてくるでしょう。

美味しくて安いセロリの選び方

セロリはハウス栽培も盛んなので、一年中手に入りますが、冬から春にかけてが旬となります。
ですから、路地ものが出回る冬から春にかけてが、もっとも美味しくて安いセロリを購入できます。

セロリの見分け方は、葉が青々としてハリのあるものを選びましょう。
茎は肉厚で丸く巻いているものほど新鮮で美味しいセロリです。
また、茎が白くて茎の切り口の変色が少なく、みずみずしいものほど新鮮です。

セロリの歯ごたえを保つ保存の仕方

セロリは、シャキッとした歯ごたえが食欲をそそる食材ですよね。
しかし、セロリの茎の部分を放置しておくと、残念なことに翌日にはしんなりしてしまいます。
シャキッとした歯ごたえがないと、美味しさも半減してしまいます。
そこで、セロリのシャキシャキ感を失わずに、新鮮さを保つ保存の仕方をご紹介します。

まず、セロリの葉を切り落として、袋に入れて冷蔵庫の野菜室に保存します。
そして、コップに水を少し入れて、そこにセロリの茎の根元をつけて立たせます。
これで、数日はシャキシャキ感を損なわずに保存できます。

セロリの筋を簡単に取る方法

セロリの外側はでこぼこになっており、でっぱった部分に筋が入っています。
この筋は、取らなくても良いのですが、硬くて食べにくいため、筋を取った方が食べやすくなります。

セロリの筋は、昔は包丁で一本ずつ取り除いていましたが、手間がかかります。
今は、もっと簡単に筋を取る方法があります。
それは、ピーラーを使う方法です。
ピーラーで、セロリの外側を縦になぞれば、簡単に筋を取ることができます。

簡単で美味しいセロリのレシピ

セロリを使ったグリーンスムージー

グリーンスムージー

りんご、みかん、バナナ、アボカドなどお好みのフルーツとセロリを適当にカットして、ミキサーにかけます。
セロリの筋は取らなくても大丈夫です。
また、レモンの汁を少したらすと、爽やかな香りになります。
ビタミンたっぷりで、美肌効果抜群です。

セロリ入りサラダ

セロリ入りサラダ

セロリを良く洗って、食べやすい大きさに切ってサラダに盛り付けます。
5mm間隔で薄く切ってもいいし、写真のように縦に切ってセロリスティックにしても良いでしょう。

セロリは癖が強いイメージがあるかもしれませんが、実はさっぱりした味をしているため、どんな調味料でも合います。
ドレッシング、マヨネーズ、ディップなど、お好みの調味料でいただきましょう。

セロリのスープ

セロリのスープ

お湯を入れた鍋に、好みの野菜とセロリ、スープの素を入れて、一緒に煮込みます。
写真のように、大きめに切った具をたっぷり入れると、栄養もたっぷり摂れます。
スープは消化が良く、セロリは食欲増進の効果もあるため、食欲のないときにお勧めです。
スープにしょうがを加えれば、体を温める作用が強化されるため、冷え性の人にもお勧めです。

セロリの炒め物

セロリの炒め物

  1. セロリとトマトに塩コショウを振りかけて油で炒めます。
  2. 柔らかい炒り卵を作ります。
  3. 小麦粉をまぶした鶏肉を弱火で炒めて、十分中まで火が通ったら、料理酒、砂糖、しょう油と①を入れて軽く混ぜます。

仕上げにごま油を混ぜると、芳ばしくなります。
オイスターソースを少々混ぜても良いでしょう。

余ったセロリの葉は入浴剤に!

セロリの葉は、入浴剤としても使用できます。
セロリの香り成分には、体を温める作用があり、湯冷めしにくくなります。

作り方は簡単で、セロリの葉を刻んで、お風呂のバスタブに浮かべるだけです。
刻んだ葉をネットに入れたものを、バスタブに入れても良いです。
セロリの葉の切り口から有効成分がお湯に溶けだして、体が温まります。

◆まとめ

セロリの香りには、ストレスを緩和し、イライラを解消する効果があります。
また、セロリの茎にはビタミンCが、セロリの葉にはβカロテンが多く含まれており、どちらにも美肌効果があります。
他にも、食物繊維が腸内環境を整えて便秘を解消したり、カリウムが高血圧や生活習慣病を防ぐなどの健康効果もあります。

セロリの茎は、すぐにしなりやすいのですが、水につけることでシャキシャキ感をある程度持続できます。
調理するとき、筋を取るのが面倒と思っている人の多いようですが、ピーラーを使えば簡単に筋を取り除くことができます。
生でも炒めても煮込んでも美味しいセロリは、様々な料理に加えられるので、非常に使い勝手の良い食材です。
また、セロリの葉が余ったときは、入浴剤として、セロリの葉を刻んでお風呂のバスタブに入れると、体が温まり、湯冷めしにくくなります。

このように、あると便利なセロリは、一年中手に入る食材なので、常備するといろいろ使えて便利です。
特に、ストレスに弱い人は、セロリを日常的に食べると良いでしょう。

◆関連記事

美容、健康、ストレスにも効果あり!アーモンドの優れた効果10個

【ルイボスティー】不眠症や肌荒れを改善!毛細血管を丈夫にして若返り効果も!

冬にお勧め!乾燥肌や風邪の予防に効果のある緑黄色野菜(葉物編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*