菜の花

菜の花は美肌効果抜群!!ずば抜けた栄養価とは?簡単レシピもご紹介します

菜の花と言えば、春の風物詩のひとつですが、実は非常に栄養価が高いことをご存知ですか?
ビタミンCはレモンより多く、カルシウムは小松菜の1.5倍、葉酸はほうれん草の1.6倍含まれており、野菜の中でずば抜けて栄養価が高いのです。
そんな菜の花の栄養について、詳しくご紹介します。

スポンサードリンク


菜の花の栄養成分比較表

菜の花100gに含まれる営養素は、次の通りです。
春が旬の野菜100gに含まれる栄養成分と比較しています。

※各栄養素の含有率が、最も高い数値の背景をにしています。
※トコフェロールとは、ビタミンEのことです。


成分 アスパラガス カリフラワー たけのこ 玉ねぎ 菜の花 にら ふき
エネルギー (kcal) 22 27 26 37 33 21 11
たんぱく質 (g) 2.6 3.0 3.6 1.0 4.4 1.7 0.3
炭水化物 (g) 3.9 5.2 4.3 8.8 5.8 4.0 3.0
水溶性食物繊維 (g) 0.4 0.4 0.3 0.6 0.7 0.5 0.1
不溶性食物繊維 (g) 1.4 2.5 2.5 1.0 3.5 2.2 1.2
ミネラル類 アスパラガス カリフラワー たけのこ 玉ねぎ 菜の花 にら ふき
ナトリウム (mg) 2 8 2 16 1 35
カリウム (mg) 270 410 520 150 390 510 330
カルシウム (mg) 19 24 16 21 160 48 40
マグネシウム (mg) 9 18 13 9 29 18 6
鉄 (mg) 0.7 0.6 0.4 0.2 2.9 0.7 0.1
亜鉛 (mg) 0.5 0.6 1.3 0.2 0.7 0.3 0.2
ビタミン類 アスパラガス カリフラワー たけのこ 玉ねぎ 菜の花 にら ふき
βカロテン (μg) 370 18 11 1 2200 3500 49
トコフェロール (mg) 1.5 0.2 0.7 0.1 2.9 2.5 0.2
ビタミンK (μg) 43 17 2 250 180 6
ビタミンB1 (μg) 0.14 0.06 0.05 0.03 0.16 0.06
ビタミンB2 (μg) 0.15 0.11 0.11 0.01 0.28 0.13 0.02
ビタミン類 アスパラガス カリフラワー たけのこ 玉ねぎ 菜の花 にら ふき
ナイアシン (μg) 1.0 0.7 0.7 0.1 1.3 0.6 0.1
ビタミンB6 (mg) 0.12 0.23 0.13 0.16 0.26 0.16 0.01
葉酸 (μg) 190 94 63 16 340 100 12
パントテン酸 (mg) 0.59 1.30 0.63 0.19 0.73 0.50 0.07
ビタミンC (mg) 15 81 10 8 130 19 2

参考:食品成分データベース


菜の花の栄養効果

栄養価は野菜の中でもトップクラス

菜の花は、表からわかるように食物繊維、ミネラル、ビタミンなど多くの栄養素が豊富で、栄養価の高さは野菜の中でもトップクラスです。
美肌効果が高いと言われるビタミンA,C,Eも豊富で、高いアンチエイジング効果が期待できます。
菜の花の主な効果は、次の通りです。


  • 腸内環境を改善し、便秘や下痢を解消する
  • 骨粗鬆症や貧血を予防する
  • 肌荒れを解消し、肌にハリやツヤを与えて、美しい肌を作る
  • 老化を抑制し、シミやシワを防いで肌を若々しく保つ
  • 免疫力を高め、風邪や病気を予防する
  • 高血圧や糖尿病を予防する
  • 動脈硬化や生活習慣病を予防する
  • 精神を安定させ、イライラや興奮を静める
  • ストレスを緩和し、不眠症やうつ症状を予防する

その他、多くの健康効果や美肌効果が期待できます。


菜の花の蕾は栄養満点

花を咲かせる前の蕾には、栄養がたっぷり詰まっています。
ですから、菜の花の蕾にはビタミンやミネラルがたっぷり詰まっています。
菜の花の葉と茎の部分は、βカロテンが豊富ですが、その他の栄養素は蕾に比べると若干劣ります。
それでも、他の野菜に比べれば栄養価が高いことに変わりはありません。

花が開いてくると、えぐみが強くなりますので、蕾がぎゅっと詰まっているうちに食べましょう。
購入する時も、蕾が開いていないか確認すると良いでしょう。


<まとめ>

菜の花は、食物繊維、ミネラル、ビタミンなど多くの栄養素が豊富で、栄養価の高さは野菜の中でもトップクラスです。
美肌効果が高いと言われるビタミンA,C,Eは、すべて野菜の中でトップクラスの含有量ですので、高い美肌効果が期待できます。
ビタミンAは肌を潤し、ビタミンEは老化を抑制してシミやシワを防ぎます。
ビタミンCは美白効果があると言われています。
生の菜の花100gに含まれるビタミンCはレモンの1.3倍で、調理することでビタミンCは多少壊れますが、それでもレモンに匹敵するほどのビタミンCによる効果を期待できます。

春は是非菜の花を食べて、美と健康を手に入れましょう!!


<関連記事>

美肌効果抜群!!いちごの栄養と東京都内のお勧めストロベリー・フェア

ニキビ、肌荒れ、体調不良も解消!腸内環境を改善する方法

冬にお勧め!乾燥肌や風邪の予防に効果のある緑黄色野菜(葉物編)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*